「重心」 岡山県 骨董品古美術品家具建具玩具高価買取

 

買取りのご依頼が相次ぎ走り回る毎日です。

ご依頼者の期待にあまり応えられない場合も

期待以上に喜ばれる場合も多々ございます。

 

振り返れば、それぞれご事情が異なるご依頼者の様々なご要望が

OLD TAGの仕事の幅を広げると同時に、

それぞれの分野の仕事の精度を高めることに繋がりました。

 

今後もこの姿勢を貫き、たとえ短いお付き合いの中でも

今自分たちに出来ることと出来ないことを率直にお話して、

信頼関係に基づいた正直な仕事を心がけていきたいと思います。

決して前のめりにも、後傾にもならず、お客様と私たちの真ん中に

重心を置いた安心できる関係を大切にしたいきたいです。

 

 

入荷品を少しご紹介します。

レトロな電傘。

 

ペダルカー。

 

L.L.Bean ソファベッド/MISSION FUTON/替えシートカバー付き。

 

マガジンラック。

 

戦前の鏡。

 

蓋付きガラス瓶。

 

虎と竹林 一枚板両面衝立 銘 源崎。

 

ブリキの蛍光灯照明。

 

陳列ケース。

 

ヴィンテージなイームズ アームシェルチェア ジラルドファブリック SOLD OUT

 

アームチェア。

 

ドイツ製置時計。

 

洒脱なダイニングチェア。

 

彫りが見事な欄間。

 

AM&FMラジオ付きパタパタ時計。

 

戦前のキリンビール瓶。

 

道祖神。

 

ウランガラスのプレート。

 

大きな銀瓶。

 

セイコーマチックセルフデータ39石 自動巻 王冠イルカ。

 

二六焼  天神蟹刻 松柏庵 湯呑一対。

 

真葛長造/宮川長造 作 模仁清 まきもの 香炉 共箱。

 

宮崎亮吉 作 「大山雪景」日本画。

 

ナショナルスーパー CX-555真空管ラジオ。

 

インダストリアルなロックミシン。

 

ゆらゆらガラスの戸棚。

 

モールガラスの戸棚。

 

無印良品 サイドテーブル。

 

回転椅子。

 

クリップライト。

 

時代金具の引出し棚。

 

カリモクのダイニングチェア。

 

長椅子。

 

電気スタンド。

 

レコード収納棚。

 

 

古美術品から古道具、大型家具まで、

ジャンルレスなお品物が日々続々入荷中です!

 

「古くて新しい金物屋さん②」徳島県骨董品家具建具玩具刀剣高価買取

 

前回、ご紹介した藤田金物さんの新しいショウルームに続き、

ショップの裏手にある倉庫内にあるガレージを見せていただきました。

 

ご友人たちのハーレー。

 

 

 

藤田さんのお父様が載っていたZⅡが愛車です。

ご本人がまだ小学生の頃、お父様がもう乗らなくなったこのZⅡを手放そうとしたとき

将来、自分が必ず乗るから売らないでほしいと懇願したそうです。

いい話です!

 

壁には、お仲間たちのライダースジャケットがずらり。

 

対面の壁一面には、コミックがずらり。

 

中心にはDJブースが。

 

アナログレコード。

 

ミラーボールまで。

 

サーフボードやカヤックもあります。

休日は、バイクにキャンプ道具を積んで、全国にツーリングに行くそうです。

 

10代のころ、友人の家の車庫がたまり場だったその頃の懐かしい思いが甦ります。

40代になっても、誰に遠慮なく、友人たちが勝手に集まれる場がある。

そんな場所があるなんて、うらやましい限りですね。

好きなことに、とことんこだわる藤田社長の博識と実行力。

見習いたいですね。

また、お邪魔させていただきます!

「古くて新しい金物屋さん」① 香川県古美術品骨董品アンティーク家具高価買取

 

お客様で、藤田金物の藤田社長が、新しいお店をオープンしました。

 

お店の前の元酒屋さんをご自分で改装したショールームを兼ねた店舗です。

一見すると何屋さん?

そこがまた興味をそそられます。

 

まるでカフェカウンターのような商談コーナー。

豆から道具類までこだわりぬいた絶品なアイスコーヒーをごちそうになりました。

いずれは、珈琲にも造詣が深い藤田さんの美味しいコーヒーがいただけるそうです。

 

飾り棚やカウンター周りはオーナーの趣味がかなり反映されてます。

住設の施工はもちろん、店舗内装も電気関係から水回りまですべてお任せできます。

もちろん藤田さんがご自分で施工します。

 

古い蒲団箪笥を、刃物の陳列ケースにするため、奥行きを細身にリメイク。

私も以前やったことありますが、かなり手間がかかる作業です。

商品は、国内外の金物類が陳列されています。

 

陳列台もすべてセルフビルド。

 

 

 

こちらの鋸は、藤田さんのコレクションです。

 

照明もこだわってます。

 

藤田さんは、HIP HOPの元DJで、若いころは神戸でバーテンダーもやっていたそうです。

そんなバッググラウンドが、従来のイメージを覆すクールでヒップな新しい金物屋を

作り上げたのかも知れませんね。

 

ただ、この藤田社長は、趣味や遊びも常に本気で、

この後、お店の裏手にある倉庫の奥にあるガレージに案内されました。

 

男の理想郷とも言えるその魅惑的な「アジト」は、次回ご紹介いたします。