「経年変化」

 

 

木、革、鉄、銅、真鍮・・・時間とともに変化していく素材が見直されています。

ok 6808

ok 9173

IMGP0277

 

ジーンズも生デニムからじっくりと時間をかけて自分だけのジーンズを育てるのを楽しんだり。

 

一方では、手間をかけて、アンティーク風にエイジング加工した家具やダメージ加工したジーンズがはやっていたり。

9

 

人も経年変化していきますが、人はそれに逆らってアンチエイジングが主流のようです(笑。

モノのエイジング加工にしても、人のアンチエイジングにしても、人為的な分だけ、どうしてもわざとらしさが滲み出てきます。


IMGP3612IMGP0647
「古っぽさ」にしろ「若っぽさ」にしろ、こだわることで、逆にそのこだわりから不自然さが生まれてきます。

こだわりも、その作り手のこだわりに共感できれば、決して悪いことではありませんが、同時にモノを通して作り手の思いや意図に向き合わされる不自由さも感じます。

 

 


IMGP5770
長い時を経て経年変化していくと、そのモノが持つ素材感が露わになってきます。

加工したり、手を加えたりと、人がコントロールしていたモノが徐々に剥がれ落ちて、そのモノ自身が顔を出してくる感じがします。
そのモノが持つ自由な力が解放されていくことも経年変化の魅力のひとつだと言えるのではないでしょうか。


仕事柄、時を経て生き残ったものたちと日々向き合っていますが、出来るだけ、そのモノが持つ自由さを損なわないような生かし方ができればと心がけています。

でも、それもまたひとつのこだわりとしての矛盾孕みます。

なので正解のない試行錯誤の繰り返しです。

正解がないということは、ある意味「何でもあり」とも言えます。

それが、この仕事の難しさであり、面白さでもあります。

OLD TAGでは、そういった面白さもお客様にも味わっていただけるように、お客様自身で組み合わせたり、作ったりできるようなワクワクできるモノもたくさん集めていきたいと思います。

香川、愛媛、徳島、高知、四国の古いもの・アンティーク・骨董品無料出張買取いたします。

解体現場から商品に

 

尾崎です。暑くなってきましたね、この時期の現場は過酷です。

Processed with PICSPLAY

暑さと蚊との戦い!暑さは我慢できるが、蚊はどうにかならないものかと思います。

 

先日は古い民家の現場で、昔のローテーブルを救出してきました。

image

天板がケヤキの無垢材ですので、反りや歪みがみられます。

 

image一度全てバラし、組み直し。接合部の劣化などで固定が必要な箇所は部分的にビス止め。

天板周りについていた飾り縁も破損してたので作り直します。

image

今回は着色にて雰囲気を変えます。

 

image

 

image

ぐっと雰囲気が変わりました。いかがでしょうか?

 

oldtagでは民家の解体や整理などで不要になった建具、家具などを買い取り致します。状態の悪いものでも修理して次に繋げることができます。ぜひご一報ください。

 

 

プラスαな仕事人

 

いつも鉄物を製作してもらっている工作所に修繕のためお邪魔しました。

持ち込んだお品物は、100年以上前(19世紀)の工業用ミシンの鋳物製の脚です。

明治〜大正頃に家内工業で帽子を製作していたお宅に残されていました。

戦争時の金属供出を免れて生き残った希少なお品物です。

IMGP1011

鋳物のステーが1箇所折れて欠損しています。

修繕を依頼したと言うよりも「テーブルとして使えるように、欠損したステー部分を何とかしてほしいと泣きついた」という方が正確です(苦笑。

ここの社長は、鉄工職人のプロとしての技術力もすごいのですが、こちらのぼんやりとした要望を、具体的にブラッシュアップしてくれて、いつも期待以上の仕事をしてくれます。

とても頼りになるプラスアルファな仕事人なんです。

 

 

四の五の言わずに早速作業にとりかかる仕事人。

IMGP1024

IMGP1025

 

 

取り付けるステーを製作中。

IMGP1035

IMGP1029

今回は、鉄同士の溶接ではなく、鋳物と鉄の溶接。鋳物と鉄では収縮率が違うため、鉄を溶接した時点で鋳物の他の部分にひび割れが起きる可能性がある面倒なお仕事です。

 

 

IMGP1038

鉄のステー完成。

これを鋳物に溶接します。

 

IMGP1044

IMGP1054

鋳物の割れも起きずに無事溶接できました。

 

 

IMGP1062ビス穴を開けて終了。

 

IMGP1338

 

 

IMGP1328

天然オイルを脚に塗り、分厚い古材の天板を取り付けて、ミシン脚テーブルの完成です。

 

オーダー家具やオリジナル家具の製作前も、こちらの社長によく相談しますが、技術的なアドバイスや指摘も的確で、鉄工に関しては素人レベルの僕らの注文やアイデアに対して、いつも現実的な肉付けしてくれます。

要望を常に上回る社長の仕事振り。僕らもお客様に対して常にそうありたいと思います。

 

こちらの工作所はキャンプ用品や個人向けの家具なども製作していますので一般の方も鉄加工やステンレス加工で製作したいものがあれば、ご気軽に相談してみてください。

〒768-0033
香川県観音寺市新田町417-1
(有)石井工作所 石井
TEL(0875)27‐9525
FAX(0875)27‐9554
HP 090‐3181‐5497
susishii@yahoo.co.jp

次回は、こちらの社長の素敵な暮らしぶりをほんの少しご紹介します。

 

OLD TAGは、古材と鉄を組み合わせオーダー家具や店舗什器などの製作もいたします。